それでも眠れない時は?

眠れないとき、無理に眠ろうとすればするほど、覚醒のレベルが高くなってしまい、結果として眠れない時間が続いてしまう、ということがありませんか? 眠れない時に無理に眠ろうとするのは無駄な努力とも言えます。

睡眠不足に悩まされる人が多いのは、睡眠リズムがずれて脳が活動を開始しようとするときに無理やり眠ろうとするためといわれています。 そんなときは、そこまで疲れていないようなら、むしろ起きてしまい読書をしたり、やり残していることに取り掛かるのも良いでしょう。 眠れない時には興味のないこと、面白くないこと、単調なことを敢えてするのもひとつの手です。例えば、照明を暗くした部屋で難しい本(哲学書など)を読んだり、軽く部屋の掃除をするなどの単調な作業も良いでしょう。しかしながら、これらのやり方ははあくまで翌日に影響がない場合に限ります。 このような状況が続く場合は不眠症として、専門家に相談をする必要も出てきます。


また、交代勤務制などでリズムが整わないような人は、睡眠障害に陥りやすいです。仕事をスムーズにおこなっていくためには、どうにか睡眠を確保する必要があります。


まず対策としては夜勤中に仮眠をとること。夜勤明けの帰宅時は、体内の覚醒レベルが上がる時なので、この時に明るい光を浴びると、交感神経の興奮が高まり、眠りにくくなってしまいます。帰宅時には、サングラス、帽子、長袖シャツ、日傘などを活用して、出来るだけ日光を浴びないようにすることが大切です。 寝室も外からの光が入りにくくする、雨戸やシャッターをつけると外部からの音や光を遮断できるので有効です。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠ホルモンを知ろう

睡眠とメラトニン 睡眠を考える上で重要となってくる物質の一つに【メラトニン】が挙げられます。メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、その分泌をコントロールできるか否かが、快適な睡眠を得るためにも欠かせない要素になってきます。メラトニンは起床後約14時間経つと分泌され始めて、そこから約2時間で眠気を感じる程度まで増えていきます。つまり起床後16時間で眠気を感じるようになるということです。(例:7時起床⇒

快眠リズムに欠かせない習慣

眠りは「命」に必要不可欠! 睡眠は私たち、ヒトが生きていく上では欠かせない要素です。 人間の三大欲求【食欲・睡眠欲・性欲】の1つでもあり、本能的に必要とされているものと位置づけられていますが、更に健康的な生活を送る上で、重要であることは言うまでもないでしょう。 ヒトを含めた動物は、一切睡眠を取らないでいると、生命活動を維持できなくなると言われています。現在、不眠の世界記録として認められているの