自律神経と睡眠

自律神経とは、意志にかかわりなく動く神経で、心臓の拍動や血液循環、呼吸、消化管の動きなどをコントロールし、生命維持にも重要な役割を果たしています。


自律神経には交感神経、副交感神経があり、この2つが上手く切り替わらなくなるのが長期間続くと、不眠やめまい、食欲不振、だるい、疲れやすいなどの症状が出てきます。


不規則な生活を続けると乱れやすいので、規則正しい生活を送ることが大切です。起きている時だけでなく、睡眠中にも交感神経、副交感神経の切り替わりがあります。


レム睡眠中は自律神経の乱れが起こるといわれていますが、これは、レム睡眠時に筋肉の弛緩と同時に、急速眼球運動、体温の変化といったカラダの変化が有るために起こると考えられます。


血圧低下、体温低下などが見られるノンレム睡眠中は、副交感神経が優位に立っています。


睡眠後期には血圧、体温の上昇も見られますが、これは精神の緊張というより、カラダがめざめる準備をしていると考えたほうが自然です。これらの変動は体内時計にコントロールされた生体リズムの現れといえるでしょう。


交感神経の切り替えが上手になると、上手に睡眠に入れるようになり、スッキリと目覚めることができるようになるでしょう。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠ホルモンを知ろう

睡眠とメラトニン 睡眠を考える上で重要となってくる物質の一つに【メラトニン】が挙げられます。メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、その分泌をコントロールできるか否かが、快適な睡眠を得るためにも欠かせない要素になってきます。メラトニンは起床後約14時間経つと分泌され始めて、そこから約2時間で眠気を感じる程度まで増えていきます。つまり起床後16時間で眠気を感じるようになるということです。(例:7時起床⇒

快眠リズムに欠かせない習慣

眠りは「命」に必要不可欠! 睡眠は私たち、ヒトが生きていく上では欠かせない要素です。 人間の三大欲求【食欲・睡眠欲・性欲】の1つでもあり、本能的に必要とされているものと位置づけられていますが、更に健康的な生活を送る上で、重要であることは言うまでもないでしょう。 ヒトを含めた動物は、一切睡眠を取らないでいると、生命活動を維持できなくなると言われています。現在、不眠の世界記録として認められているの